レーシック手術とドライアイ

ドライアイとは、目に存在する涙の量が少なく、目が渇いている状態のことを言います。
涙の量が少ないと、酸素などの栄養素が目に浸透しにくくなってしまいます。
また、目の中に入り込んだ異物を涙で洗い流すことが出来ないので、目の衛生を管理することも出来なくなってしまいます。
これらのことから、ドライアイになると、目が疲れやすくなってしまったり、目が痙攣してしまうこともあるようです。
つまり、目を正常な状態に保つためには、涙は必要不可欠というわけです。
ドライアイは避けたいものですが、ドライアイである人は少なくありません。
特に、コンタクトレンズを着用している人は、ドライアイになりやすいとされています。
そういったことから、ドライアイを改善したい場合、コンタクトレンズの着用を中止するというのも一つの手です。
しかし、目が悪い人にとっては、コンタクトレンズはなくてはならないものだと思います。
そこで、レーシック手術をすることで、視力を回復するという人も多いようです。
ドライアイでも、レーシック手術を受けることは出来るので、安心して良いでしょう。
つまり、ドライアイを改善したいという人にも、レーシック手術はオススメなのです。
しかし、レーシック手術をしたことで、ドライアイになってしまったという事例もあるので、注意が必要です。
ドライアイについては、クリニックの担当医師と十分に相談した上で、レーシック手術を受けると良いでしょう。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事