レーシック手術における失明

レーシック手術を受ける際は、レーシック手術のリスクについても理解しておくようにしましょう。
レーシック手術には、メリットもありますが、リスクもたくさん存在するのです。
レーシック手術のリスクとして、感染症や後遺症などが挙げられます。
そして、レーシック手術を受ける人が最も気になるリスクとしては、失明の可能性が挙げられるのではないでしょうか。
レーシック手術は、目の手術ということで、失明が不安だというのも無理はないですよね。
しかし、レーシック手術に関しては、失明を心配する必要はないでしょう。
なぜならば、日本国内において、レーシック手術を受けたことで、失明してしまったという事例は存在しないからです。
そういったことから、基本的にレーシック手術における失明のことは考えなくても良いと思います。
とはいえ、今までの事例がないというだけで、今後も失明の可能性がゼロというわけではありません。
あなたが、初のレーシック手術における失明者になってしまう可能性もあるというわけです。
レーシック手術で失明をしないためには、レーシック手術を受ける病院選びが重要になってきます。
技術力のある病院を利用することで、失明してしまうという可能性も低くなってきます。
レーシック手術を受ける病院を選ぶ時は、口コミなどを参考にすると良いかもしれません。
最終的な決定を下すのは自分になりますが、何も情報がない状態では、病院選びも出来ませんからね。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事