レーシック手術における訴訟問題

今では、レーシック手術の知名度も高くなってきたように感じます。
そういったことから、レーシック手術が安全性の高いものだと思っている人も多いと思います。
しかし、今までに、レーシック手術で失敗したことがないというわけではないのです。
レーシック手術が原因で、訴訟問題に発展したこともあるほどなのです。
それでは、レーシック手術における訴訟問題を二つ紹介させて頂きます。
一つ目の訴訟問題として、レーシック手術中の失敗が挙げられます。
これは、レーシック手術が始まったばかりのころの訴訟問題となっています。
レーシック手術をする際は、フラップを作成することになるのですが、このフラップ作成に失敗してしまったというものです。
フラップ作成に失敗してしまうと、角膜を完全に癒着することが出来ないのです。
この事例でも、フラップ作成に失敗したことで、角膜を完全に癒着することが出来ずに、不正乱視となってしまいました。
訴訟の結果としては、患者側の訴えが全て認められて、勝訴となりました。
二つ目の訴訟問題として、レーシック手術前の説明不足が挙げられます。
手術をする際は、患者に対して、十分な説明をする義務があります。
しかし、この事例では、レーシック手術に対して、十分な説明をしませんでした。
レーシック手術のメリットだけを説明して、レーシック手術のリスクについて、何も説明しなかったのです。
そして、レーシック手術を受けたことで、視力が低下してしまいました。

訴訟の結果としては、患者側の訴えが全て認められて、勝訴となりました。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事