レーシック手術の再手術

レーシック手術は、手術が無事成功したとしても、安心してはいけません。
手術後に問題が発覚して、再手術が必要になるというケースも珍しくないのです。
それでは、レーシック手術の再手術について詳しく説明したいと思います。
レーシック手術の再手術が必要なケースは、ほとんどの場合、視力の低下となっています。
レーシック手術をしたのに、視力が低下してしまったら、意味がありませんからね。
基本的に、レーシック手術の再手術には、手術費が必要になりますが、手術費が無料になるということもあるようです。
なので、レーシック手術の再手術に手術費用が必要になるかを事前に確認しておくことをオススメします。
また、注意しなくてはいけない点として、レーシック手術後すぐに再手術をすることは出来ないということです。
なぜならば、レーシック手術のすぐ後は、まだ角膜が傷付いている状態だからです。
角膜が傷付いている状態で、再手術をしてしまうのは危険なので、角膜が回復するまで、再手術を受けることは出来ません。
とはいえ、レーシック手術の再手術というものは、誰しも受けたくないものだと思います。
レーシック手術の再手術を受けないためには、レーシック手術を行う病院の選択が重要になってきます。
技術力の高い病院を利用することで、レーシック手術の再手術を受けることになる可能性も下がってきます。
また、医師の指示に従って、目を酷使しないように心掛けることも大切です。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事