レーシック手術後の遺症や合併症

レーシック手術には、後遺症や合併症が存在するので、注意が必要です。
レーシック手術を受けることで、視力を回復することが出来ますが、リスクも存在するというわけです。
それでは、レーシック手術における後遺症や合併症について紹介したいと思います。
レーシック手術における代表的な後遺症や合併症として、以下の4つが存在します。
一つ目として、視力の低下が挙げられます。
視力を回復させるためにレーシック手術を受けたのに、視力が低下してしまっては困ったものです。
視力が低下してしまう理由としては、手術自体に問題がある場合と、目の使い過ぎがあります。
特に、レーシック手術後に目を使い過ぎてしまうことは多いので、注意が必要です。
二つ目として、角膜拡張が挙げられます。
角膜拡張は、角膜の厚さ矯正を失敗してしまうことで、引き起こされてしまいます。
レーシック手術後に乱視になったしまった場合は、角膜拡張である可能性が高いと言えます。
三つ目として、ハロ現象やグロア現象が挙げられます。
ハロ現象は、夜に光を見た時に滲んで見えてしまうのです。
また、グロア現象は、光が眩しく感じてしまうというものです。
レーシック手術を受けたことで、ハロ現象やグロア現象を感じるようになってしまうこともあるようです。
四つ目として、ドライアイが挙げられます。

ドライアイとは、目が乾燥した状態になってしまうことです。
レーシック手術における後遺症や合併症の中でも最も起こりやすいものと言えるかもしれません。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事