イントラレ―シック

レーシック手術の中から、イントラレーシックという手術方法を紹介したいと思います。
イントラレーシックは、フラップの作成方法が特徴的なレーシック手術となっています。
普通のレーシック手術では、マイクロケラトームという機材を使用してフラップを作成します。
一方、イントラレーシックでは、フェムトセカンドレーザーという機材を使用してフラップを作成します。
フェムトセカンドレーザーは、非常に細かい動作が可能となっています。
なので、角膜を綺麗に切断して、正確な厚みのフラップを作成することが出来ます。
角膜周りを傷つけるということもないので、綺麗なフラップが作成可能なのです。
それでいて、目に対する負担も少ないので、安全にレーシック手術を行うこと出来るでしょう。
そういったことから、再手術をすることになるという可能性も低くなっています。
また、正確にフラップを作成することが出来ることから、重度の近視の人でも、レーシック手術を受けることが出来るようになりました。
このように、素晴らしい手術方法であるイントラレーシックですが、デメリットも存在します。
一つ目のデメリットとして、角膜の強度面に心配があるという点が挙げられます。
イントラレーシックでは、角膜の強度面に信頼が置けないので、角膜の強度が下がってしまう危険性があります。
また、二つ目のデメリットとして、取り入れているクリニックが少ないという点が挙げられます。
イントラレーシックは、開発されてから日が浅いので、採用しているクリニックが少なくなっています。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事