エピレ―シック

レーシック手術の中から、エピレーシックという手術方法を紹介したいと思います。
エピレーシックは、エピケラトームという機材を使用してフラップを作成する手術方法となっています。
エピケラトームを使用することで、通常のレーシック手術よりも薄いフラップを作成することが出来ます。
通常のレーシック手術と比べると、1/4前後の薄さでフラップを作成することが出来るというのだから驚きです。
そういったことから、角膜が薄すぎることが原因で、通常のレーシック手術を受けることが出来ない人にオススメです。
また、薄いフラップを作成することから、手術の跡が残りにくいというメリットもあります。
手術の跡が残ってしまうと、人目にも目立ってしまうことがあるので、これは嬉しいですよね。
これらの他にも、角膜の強度が増すことから、激しい運動をする人にも向いています。
そういったことから、スポーツ選手は、エピレーシックを利用する人が多いようです。
このように、多くのメリットがあるエピレーシックですが、デメリットがないというわけではありません。
エピレーシックのデメリットとしては、手術後に専用のコンタクトレンズが必要になるという点が挙げられます。
エピレーシックを受けた後は、角膜を再生するのに時間が必要になるので、専用コンタクトレンズを装着しなくてはいけません。
とはいえ、角膜が再生した後は、外すことが出来るので、あまり気にしないでも良いでしょう。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事