ラゼック

レーシック手術の中から、ラゼックという手術方法を紹介したいと思います。
ラゼックは、普通のレーシック手術とは、手術方法が違うことが特徴です。
普通のレーシックでは、角膜の三層までレーザーで切り込みを入れて行くものとなっています。
対して、ラゼックでは、角膜の一層のみをレーザーで切り込みを入れて、2層と3層はレーザーで焼くだけのものとなっています。
そういったことから、角膜が薄すぎるという人でも、手術を行うことが出来ます。
また、角膜の一層のみをレーザーで切り込むことから、角膜の個人差にも対応しやすい手術方法となっています。
これらのことから、非常に安全性の高い手術方法と言えるかもしれません。
とはいえ、ラゼックには、様々なデメリットも存在するので、しっかりと頭の中に入れておきましょう。
一つ目のデメリットとして、視力が回復するまでに時間が必要であるという点が挙げられます。
角膜の一層のみにしか影響を与えないことから、視力回復を実感するまでに時間が掛かると言われています。
二つ目のデメリットとして、手術後のアフターケアが重要であるという点が挙げられます。
これは一つ目のデメリットと関係してくることかもしれませんが、手術後のアフターケアも慎重に行わなければなりません。
三つ目のデメリットとして、歴史が浅いという点が挙げられます。
ラゼックは、開発されてからの日が浅いということから、取り扱っている病院が少なくなっています。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事