レーシック手術の流れ

今では、レーシック手術をして視力を回復させているという人も増えてきました。
しかし、レーシック手術について詳しく知らないという人も少なくないと思います。
レーシック手術をする時は、レーシック手術について理解していないと、不安ですよね。
そこで、レーシック手術の流れについて紹介したいと思います。
レーシック手術の流れを把握しておくことで、安心してレーシック手術を受けることが出来ると思います。
まずは、カウンセリングを受けた後に、適応検査をすることになります。
カウンセリングでは、あなたの目の状態などについて質問されることになります。
適応検査では、角膜の厚さや眼の病気などを調べることで、レーシック手術に適応することが出来るかを調べます。
適応検査に通ったら、実際にレーシック手術を受けることになります。
レーシック手術の手術時間は、20分も掛からないくらいの短時間となっています。
レーシック手術を受ける際は、目を綺麗に洗い、局所麻酔をすることになります。
その後、専用の器具で目蓋を開いた状態で固定し、その状態で手術を行います。
手術が完了したら、専用の器具を外し、目を綺麗に洗って、消毒をすれば、レーシック手術終了です。
レーシック手術が終了したら、すぐに家に帰って、当日は安静にしているようにしましょう。
そして、翌日になったら、もう一度来院して、検査を受けましょう。
検査をして問題がなければ、今まで通りの生活を開始することが出来ます。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事