レーシック手術を受ける前の準備

レーシック手術は、受ける前の準備も重要なポイントとなってきます。
とはいえ、レーシック手術は受けるのが初めてという人がほとんどだと思いますので、レーシック手術を受ける前の準備について説明したいと思います。
レーシック手術を受ける前の準備としては、以下の4点を覚えておくようにしましょう。
一つ目のポイントは、コンタクトレンズを外すということです。
レーシック手術を受ける前は、コンタクトレンズを外さなければいけません。
レーシック手術当日だけではなく、レーシック手術の数日前からコンタクトを外さなくてはいけないので、注意が必要です。
二つ目のポイントは、入浴を済ませておくということです。
レーシック手術を受けた後は、入浴をすることが出来ません。
それだけでなく、洗顔もすることが出来ないので、レーシック手術を受ける前には、入浴を済ませておくようしましょう。
三つ目のポイントは、髪型はシンプルにしておくということです。
髪型がシンプルでない場合、手術の邪魔になってしまうことがあるので、注意が必要です。
前髪が長い場合などは、ピンで留めることで、前髪がオデコに掛からないようにしましょう。
四つ目のポイントは、服装に注意しておくということです。
レーシック手術を受ける時の服装は、前開きのシャツが良いとされています。
前開きのシャツを着ることで、着脱がしやすいので、手術中も手間取ることがありません。
また、静電気が起こりやすい素材も避けたほうが無難でしょう。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事