手術給付金

レーシック手術を受ける際は、手術給付金についても理解しておいたほうが良いでしょう。
レーシック手術には、手術費用が30万円前後はかかるので、高い費用が必要になります。
しかし、手術給付金を利用することで、手術費用を負担してもらうことが出来ます。
まず、手術給付金を受け取るには、生命保険に加入していなければいけません。
とはいえ、生命保険に加入していれば、必ず受け取ることが出来るというわけではないのが難しい所です。
手術給付金を受け取ることが出来るかどうかは、生命保険の保険内容に関係してきます。
生命保険の保険内容の中に、手術給付金に対応しているものがあれば、手術給付金を受け取るが出来ます。
詳しくは、加盟している生命保険会社に問い合わせてみるのが一番でしょう。
問い合わせてみた結果、手術給付金を受け取ることが出来る場合は、遠慮なく受け取って良いでしょう。
手術給付金を受け取る場合は、その旨を加盟している生命保険会社に連絡しましょう。
その後、生命保険会社から請求書や診断書を受け取り、それをレーシック手術を受ける病院に提出します。
そうすることで、請求書や診断書を作成してもらうことが出来ます。
請求書や診断書を作成することが出来たら、請求書や診断書を生命保険会社に提出して、手術給付金の申請は完了です。
申請の結果、条件を満たしていると判断された場合、手術給付金を受け取ることが出来ます。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事