レーシック手術と生命保険

レーシック手術をする際、生命保険のことも理解しておくと良いかもしれません。
レーシック手術を受けるには、手術費用として、多額の費用が必要になります。
そこで、生命保険を利用することで、手術費用を負担してもらおうと考える人も多いと思います。
しかし、レーシック手術に対しては、生命保険は適用されないので、注意が必要です。
レーシック手術は、病気を治療するためのものではないので、自由診療として扱われてしまうというわけです。
とはいえ、生命保険が適用されなくても、手術給付金は受け取ることも可能なので、覚えておいたほうが良いかもしれません。
つまり、手術給付金は受け取ることで、レーシック手術の手術費用を安く済ませることが出来るのです。
しかし、レーシック手術の手術給付金は受け取るために、生命保険に加入することはオススメ出来ません。
なぜならば、生命保険に加入してから間もない場合、手術給付金を受け取ることが出来ない場合が多いからです。
期間の目安としては、生命保険に加入してから、2年以上が経過している必要があります。
なので、生命保険に加入する場合は、保険の対象となる期間についても、確認しておいた方が良いでしょう。
また、生命保険に加入する時には、審査に合格しなければならないので、その点も注意が必要です。
最近では、生命保険に加入する際の審査も厳しくなってきているので、生命保険に加入したくても、加入出来ないということもあるようです。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事