レーシック手術における危険性

レーシック手術を受けることで、視力を回復することが出来ます。
しかし、レーシック手術にも危険性があるのです。
レーシック手術を受ける際は、レーシック手術における危険性についても理解しておくようにしましょう。
レーシック手術における危険性として、以下の5点が挙げられます。
一つ目の危険性は、合併症です。
レーシック手術における合併症には、眩暈や頭痛の他にも、ドライアイなどがあります。
これらの合併症は、時が経つにつれて、自然回復していくことが多いとされています。
しかし、時が経っても、全く自然回復しないということもあるようです。
二つ目の危険性は、ハロ現象です。
ハロ現象とは、視界が一時的にぼやけてしまう現象です。
これは、角膜が傷付くことによって、引き起こされます。
三つ目の危険性は、グレア現象です。
グレア現象とは、光が眩しく感じてしまう現象です。
これもハロ現象と同じく、角膜が傷付くことによって、引き起こされます。
四つ目の危険性は、失明です。
レーシック手術に失敗した場合、失明してしまう危険性もあるようです。

しかし、日本におけるレーシック手術では、失明してしまったケースはないので、あまり心配しないでも良いでしょう。
五つ目の危険性は、視界の悪化です。
レーシック手術を受けたことで、視界が悪くなってしまうこともあるようです。
また、乱視なってしまう危険性もあると言われています。
以上の5点が、レーシック手術における危険性となっています。

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事