老眼が始まる年齢とその原因

 

老眼は何歳頃から出始めるのか?とよく聞かれますが、老眼が出始める年齢は人によってさまざまです。

 

老眼は、眼の老化現象と言える為、身体が老化していくのと同様で、何歳から出始めるという具体的な数字はありません。お肌が老化したり、体力が衰えたり、傷が治りにくくなったり、みなさんは生活のいろいろな場面で老化を感じると思います。老眼に関してもこれと同じで、ちょっと見えにくいなと感じたら老眼が始まっている証拠です。

 

老眼になる若者が急増!スマホ老眼とは?

 

40代になると出てくる人が多い

 

ただし、平均的な年齢で言うと、出始めが40代頃で、40代後半になるとなんとなく自覚し始める方もいらっしゃるようです。

 

50代になると、ほとんどの人に自覚症状が出ます。ただ、もちろんこれはあくまで目安です。60を過ぎても老眼は全くなく、毎日快適に新聞が読めるという方もたくさんいらっしゃいます。老眼は、徐々に進行していき、ある時突然、「あれ?見えにくいかも・・」と思うようです。

 

老眼になる原因

 

老眼は老化現象のため個人差や程度はありますが年齢と共に進行して行きます。歳を取ると髪の毛が白くなったり、抜けてしまったりしますが、それと同じです。

 

老眼の場合、老化すると水晶体を調整している毛様体の筋力が衰えます。体の筋肉が衰えてしまうのと同じ症状で、毛様体も筋肉によって伸縮しますので、筋力が衰えると水晶体は弾力が失われます。弾力が失われることで調整する力が弱まってしまい、うまくピントを合わせられなくなります

 

そうなると、老眼鏡をかけたりして外からピントを合わせてあげなければなりません。頑張って目を凝らして物を見る生活をしていると、眼は余計に疲れ眼精疲労をおこしてしまいます。

 

老眼の進行を遅らせるために食事に気をつける

 

老眼は、ご自身の生活を気を付けることで発生を遅らせることができます。多くは食生活の見直しです。バランスの良い食生活を続けることで、老眼はどんどん良くなっていきます。

 

ストレスや疲労によっても老眼は引き起こされます。酷く疲れている時に眼のケアを行うと頭がスッキリしたりしますし、精神的なストレスでも老眼が出たりします。ゆっくり休んで体力を温存しておくと老眼も気のせいだったように治ったりします。

 

老眼は、一生モノの目を脅かすものです。毎日の食事に気を付け、運動を行い、しっかり眠る。そしてストレスをためない体づくりをすることで発生を遅らせることができます。

 

老眼対策に良い栄養
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • ビルベリーエキス(アントシアニン)
  • βカロテン

 

目のピントズレ・かすみ・疲れ目など老眼の症状が気になる方必見!

老眼サプリランキング2016年最新

 

若者に急増しているスマホ老眼

 

現代人は、パソコンを使ったりスマートフォンを使う事が日常的にある為、若い人でも老眼のような症状を訴える人が多くなっています。ですが、若い人の場合、老眼ではなくスマホ老眼の可能性が高いです。

 

日々目を酷使しているため、目が疲労で悲鳴を上げているという事です。老眼のように、手元の文字が見えづらくなったり、常に目が疲れてしまうようになったら早めに眼科を受診することをお勧めします。

 

そして、日常的に目薬をさしたり、植物を見たりして目を休ませてあげることがとても重要です。睡眠をしっかりとる事も大切で、睡眠によって目を休ませることができます。

 

スマホ老眼の原因と対策はこちら

老眼治療にはこちら

神戸神奈川アイクリニック

遠近両用白内障手術の症例数は国内トップクラス。安心して任せられるレーシックの老眼を得意とした眼科です。全国にクリニックがありますので、まずは、無料の適応検査&カウンセリングを!

⇒ 神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ




メニュー

老眼とレーシックを同時にする方

最新記事